大人の男と女がもっといい関係になれたらいいな~     それが願いです♪


by rondo602
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

不倫は文化 ・・・・この名言を吐いた彼に悪びれた様子はない。

それがまた、この言葉の価値を上げることになったのだろう。
様々な女性と浮名を流してきた男の発言なので 妙に説得力もあった。

そもそも 結婚という契約関係が前提にあるからこそ 不倫関係があるのだから
不倫が文化であるなら 当然ながら結婚も文化である。

と言うまでもなく 結婚という男女関係は 文化そのものである。

結婚式にみられるように その背景には宗教文化が色濃く反映している。
宗教は 神や仏の威光を借りて 
人心と社会の安定・統率をはかる価値観を人々に提供し
同じ宗教(価値観)を共有するもの同士の相互扶助という実益をもたらしてきた。

私たちの社会は 宗教の有無を問わず
一定の価値観を共有するもの同士によって形成されており
この共有された価値観を「文化」という言い方で表している。

そこで思うのだが やはり不倫は文化なのだろうか ・・・?

少なくとも不倫関係は 二人だけの間でのみ認められ 公にならない関係である。
不倫進行中の人々が協力・連帯することなど ほとんど考えられないし
まして 不倫関係者を守る法律など誕生するわけがない (笑)

結婚文化に対するカウンターカルチャー(対抗文化)として位置づけようにも
不倫が文化になるための条件自体が 整っていないし 整う見通しもないのだ。

では 不倫が公の文化だとしたら 
不倫をしている人々にとって 文化的メリットは何かあるだろうか。

そもそも不倫は 形式を超えた本能的な男と女の出会い。
反文化的で 毒のある秘め事だからこそ価値があるのだから
文化になるメリットなどあるわけがない ・・・・

彼は 不倫は文化だと言って 
社会的に認知された不倫の通行手形をもらおうとしたのだろうが
そうは問屋が卸さない ・・・・

不倫をしている人は世界中に山ほどいる。 しかし
それでも公に認知されないからこそ 雑草のようにどこでも根強く生きる。
恵まれない境遇にあればこそ 不倫の花は美しく見えるのだ。

ご注意: 美しい花には棘がある。甘い蜜には毒がある。 お忘れなく ・・・♪


e0115641_22565483.jpg











画像を中心にした姉妹サイトもありますので、
よろしかったら お立ち寄りください。
できれば女性の皆様にご覧いただきたいと思ってます。
但し、未成年者はご覧いただけません。


[PR]
# by rondo602 | 2007-03-23 22:58 | ニュース/社会の話題