大人の男と女がもっといい関係になれたらいいな~     それが願いです♪


by rondo602
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

聞くに堪えない 辛いニュースが続いている。
私がもっとも憤りを感じ 涙をこらえられないのが 育児放棄 児童虐待 子殺しだ。

事件発覚後 彼らのほとんどが口にするのが 子供のしつけ というセリフ
罪を逃れようと言い訳をしているつもりだろうが
食事を与えない 鎖で縛り付ける 殴る蹴る 火傷を負わせる 放り投げる ・・・・

こんな しつけ あろうはずがない。  ただの暴力 傷害 殺人だ。
まったく抵抗できない子供に対する残虐な犯罪であることが 理解できないのだろうか。
それを数ヶ月間に渡って繰り返し やがて死に至らしめる様は 地獄絵である。

世界には歴史上 幾多の虐殺行為があるが それらとなんら変わらない。

ドメスティック・バイオレンス(家庭内暴力)というと
なんとなく 家庭不和の延長のように感じられ 幾分 深刻さが薄れるが
実際にやっていることは かつての拷問部屋と同じ ・・・

わが身を捨ててでも わが子を守ろうとする親の姿は ここにはない。

そこで気づくのは  内縁の夫 内縁の妻 再婚の夫 再婚の妻 ・・・という関係
統計を調べたわけではないが  このような関係の男女の間にいる子供たちが 
比較的数多く被害に合っているように感じられることだ。

もしかしたら 不安定な状態の大人の男女関係と そのゆがみが
子供への虐待を招く要因のひとつになっているのでは ?

そのようなことを考えていた矢先。
自分の子供を内縁の夫とともに虐待した母親が自殺したというニュースを読んだ。

彼女は自らの死をもって 息子への罪を償おうとしたが
一緒に虐待した夫は 今 何を思い 何をもって償おうとしているのだろうか。

ここで もうひとつの疑念が湧いてきた
このてのニュースの表舞台に出てくるのは なぜか女性が多い。

男たちよ どこへ行った! 

君たちの罪は彼女たちと同等 いや それ以上に重いはずだ。
陰にこそこそ隠れて 知らぬ存ぜぬを決め込むつもりなのか!

君たちは 妻を殴り 彼女を痛めつけ
挙句の果てには 子供まで傷つけたのではないか ?

鬼畜とは 君たちのことを言うのだ。

女性を殴り痛めつけるような男は いずれ子供にも手を上げる。
もしも 夫や彼が 貴女に暴力を繰り返すようなら きっぱり別れてほしい。

それが 愛する子供と貴女を救う道なのだから。。。。



※東京都福祉局「児童虐待の実態」(白書)の概要  参考になります。




e0115641_2241351.jpg
[PR]
# by rondo602 | 2007-03-20 22:46 | ニュース/社会の話題